健康を維持するなら大麦若葉の青汁がオススメ|日頃の野菜不足を解消

栄養が豊富な植物

青汁

栄養素の特徴をチェック

イネ科の植物「大麦若葉」を主原料とした青汁は多いですが、この大麦若葉という植物にはどのような栄養素が含まれているのでしょうか。大麦若葉自体は元々、日本で古くから親しまれてきた植物で、水あめの材料として、また麦ごはんや麦みそとしても食されてきました。青汁といえば緑色の飲み物というイメージが強いですが、大麦若葉を使った商品もキレイな緑色をしています。緑色になるのは大麦若葉に含まれるクロロフィルという色素の色で、抗酸化が強く老化防止や、コレステロールを下げる働きがあります。また大麦若葉を使った青汁の特徴としては、ベータカロテンの量がかぼちゃの約20倍も含まれているとう点も特徴的です。ベータカロテンは体内に入るとビタミンAへと変化し、様々な健康効果をもたらしてくれると言われています。このビタミンAはパソコンやスマートフォンを使う時間が長い、現代人にとっては必要な栄養素です。パソコンやスマートフォンを長時間使い続けると眼精疲労を起こしやすくなりますが、ビタミンAには眼精疲労を和らげる作用があると言われています。日頃から目が疲れやすいと感じている人は、ベータカロテン量が多い大麦若葉を主原料とした青汁を摂取してみてはいかがでしょう。さらに、大麦若葉にはビタミンCやカルシウム、カリウムといった栄養素が豊富に含まれています。色々な栄養素をバランスよく、そして手軽に補えるといった点が大麦若葉を使って作られている青汁の魅力です。

Copyright© 2018 健康を維持するなら大麦若葉の青汁がオススメ|日頃の野菜不足を解消 All Rights Reserved.